【35歳ママ】ヒアロディープパッチでほうれい線を消せた!効果を激白しちゃいます

はじめまして。名古屋で2児のママをしてるゆうきです。ここだけの話40代だと思われてました。チビ達が産まれてから、自分のことは二の次で・・・スキンケアなんて全くでした。

 

だけどこのまま”オバサン“になるのは・・・イヤだ!って、柄にもなく思ってしまったわけで。なんとかこの状況を解決しようと調べまくりました。

 

で、ヒアロディープパッチを見つけたんです。今まで使ってたクリームとかと違って、塗り込むじゃなくてマイクロニードルで浸透させるのが新しかったし、「これ絶対効くじゃん」て思ったんです。

 

でも、実際にヒアロディープパッチを使ってみたら・・・

 

 

「え・・・消えてる」

 

って、めっちゃ効きますやん!ホンマでっか?!って本気で声が出ちゃいました。実を言うと私、旦那にイライラ・育児でイライラ・仕事でイライラと、おかげで顔はシワだらけでした。

 

だけどヒアロディープパッチで1晩寝ただけでこんなに変わるとは、正直驚きでした。けど、せっかくこんなにキレイになれたので、このまま美魔女?!目指しちゃおうかと思ってます。笑

 

 

ほうれい線にヒアロディープパッチが効く理由

どうしてヒアロディープパッチがほうれい線に効くのか?その理由はとっても簡単なんです。

 

答えは「水分をたっぷり補給するから」なんです。ほうれい線ができて濃くなる理由は、ほとんどが乾燥です。水分がなくなると、肌はガサガサになってほうれい線が深く深くついてしまうんですね。

 

つまり、ヒアロディープパッチでヒアルロン酸を直に補給してあげれば、水分が一気に回復して、肌がふっくらするんです。ほっぺたを膨らませたらほうれい線って消えますよね?あんな感じで、肌がふっくらすると、ほうれい線も目立たなくできるんです♪

 

ちゃんとほうれい線に効果がある理由があるんですよ〜wここまで即効性があるものも少ないので、かな〜りおすすめです^^。

 

ヒアロディープパッチを最安値で買えた〜!私が購入したのはココ

ヒアロディープパッチを安全でお得にゲットするなら、公式サイト一択♪なぜなら52%OFFキャンペーンをやってるから。

 

「おいおいー、公式とかって定価なんじゃないの?高いんじゃないのー?」って思ってます?

 

ええ、私は思ってました。

 

が、しかし!

 

ヒアロディープパッチに至っては全く違ったんです。

 

今なら半額以下の値段で買えちゃうんですよ〜!

 

もちろん、楽天とかamazonにも売ってるかもって思いました。でもね、あそこって、正規の販売店じゃないんです。

 

公式店じゃないんです。

 

・転売
・中古
・使いかけ

 

って、何があるかわからないんです。

 

そのてん公式サイトなら、

 

・安い
・新品
・安心

 

って3拍子揃ってます♪
ちゃんとした正規品のヒアロディープパッチが欲しい方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

メルカリやヤフオクにもあるかもしれませんが、あれは完全に個人売買なので、何が合っても文句は言えません。もちろん新品が送られてくる保証もありません。

 

(中には、届いてみたら違う商品で、連絡取ろうとしたら相手のアカウントが消えてた・・・なんて話も。)

 

私は公式から買ったので、やっぱり公式サイトをおすすめしておきますね。(キャンペーンが終わる前に、チェックしてみて下さい^^。)

 

 

 

 

 

 

街を歩いていて、ふとショーウィンドウに映った自分の顔。自分が記憶している顔より老けていると感じたことはありませんか。

 

そんなチョッピリドッキリが訪れるのが30代なんですよね。これがいわゆる初期老化。

 

ついこの前まで20代で、チヤホヤされたりバカ騒ぎしたりと怖いもの無しだったのに、いきなり「老化」だなんてヒドイ話ですが、ここは潔く現実を受け止めましょう。

 

自分の顔の老化から目を背けていると、対応が遅れて後悔することになりますからね。

 

 

 

 

さて突然(本当は少しずつなんですが)顔に現れた初期老化症状。どうしたら良いのでしょうか。

 

まずは日々のスキンケアに使うコスメをチェックすべきです。

 

ここでは30代にオススメのスキンケアブランドTOP5をご紹介します。

 

 

 

 

CLINIQUE

クリニークのシンプルなスキンケアは、30代の初期老化肌にはもってこい。

 

汚れを落とす・潤す・守るという基本のキを肌に教え込んでくれて、生活習慣の乱れからくる肌荒れなどにも優しく且つ効果的に整えてくれますよ。

 

肌タイプを診断してもらい、自分に合ったラインを揃えるのが美肌への近道です。

 

価格も比較的リーズナブルで続けやすいですよ。

 

 

 

 

第4位 ORBIS

 

30代に入ってから急に気になりだした毛穴や角質に、しっかりアプローチしてくれるのがORBISの実力。20代の頃はこれといった肌悩みが無かったのに、毛穴の開きが目立ったり、角質がたまって肌がゴワついたり吹き出物になってしまうなどの悩みが出てきたら、ORBISをライン使いしてみては。

 

 

 

 

第3位 COSME DECORTE

 

価格と効果のバランスが良く、コスメデコルテに変えてからハリがアップした、毛穴が消えた、小ジワがなくなったなどの口コミが寄せられる30代からのスキンケアとしてはピッタリのブランド。

 

優秀なアイテムが揃っていますから、全てのアイテムをコスメデコルテで揃えるにはお財布が厳しいとしても、クレンジングだけとか、美容液だけなど、悩みに合わせたポイント投入するのも賢い取り入れ方ですよ。

 

また30代からコスメデコルテを使い始めて、40代でも愛用中というヘビーユーザーが多いこともコスメデコルテの実力を示す事実です。腰を据えたエイジングケアの第一歩には心強い相棒になりそうです。

 

 

 

 

第2位 ALBION

 

乳液美容で有名なアルビオン。内側から弾むようなしっとり肌に仕上げてくれる実力派。

 

30代に入ってから乾燥肌になってしまったという女性には、頼りになるブランドです。

 

ホルモンバランスが変わって肌質も揺らいでくるのが30代。乾燥肌になってきたかもと感じたら、アルビオンのカウンターで相談してみるのも良いでしょう。

 

ヒアロディープパッチの口コミや効果をチェック!

 

SKU

 

不動の人気第1位はSKU。日本が世界に誇る資生堂の人気ブランドです。

 

ややお値段が張るものの、本気でエイジングケア・美白ケアに取り組むなら、日本人の肌を知り尽くした老舗の底力を存分に堪能できるSKUがオススメです。30代だけではなく、40代、50代と、オトナ世代に根強い人気があることからも、永く愛用できるスキンケアブランドだということがわかりますね。

 

 

 

 

【まとめ】

 

今のままのスキンケアじゃ、なんとなく不安だなと思ったら、このランキングも1つの参考にしてみてください。

 

これからの10年、またその先も、安心してキレイ磨きをしながら過ごせるといいですね。

 

 

30代で身につけるべきスキンケア方法3選

10代・20代を謳歌して、楽しそうなことにはだいたい首を突っ込み終わり、これからは本当に自分が楽しいと思えることや、大切なことに時間を使っていきたい。そんな風に落ち着いてくるのが30代ではないでしょうか。

 

実はスキンケアも同じ。

 

今までアレコレ試したり、新しいものに飛びついたりして、肌に合うとか合わないとかやってきた貴女も、そろそろこのあたりで今後のスキンケア方針を決めていくべき時期です。

 

ここでは、30代からのお肌に必要なスキンケア方法を、3つのポイントに絞ってお話ししていきますね。

 

 

 

 

1.保湿をしっかり!

 

20代までと変わってくるのは、肌の保水力。

 

肌が水分を失うと、途端に老化現象が襲ってきますから要注意です。

 

シミ、シワ、たるみ、毛穴の開きといった四大老化サインの全てに有効な対策となるのが、保湿なのです。

 

具体的な対策内容は、

 

●保湿専用の化粧水を取り入れる

 

●紫外線対策を万全にする

 

●マスクを習慣化する

 

●化粧水を肌に入れるとき、ハンドプレスして成分を肌の奥まで届ける

 

●乳液は必ず使う

 

などです。

 

4番目の乳液ですが、自分はオイリー肌だからと乳液を避けている方に特に気をつけて欲しいポイントです。化粧水の後乳液でフタをしてあげないと、せっかくの水分が蒸発する上、化粧水が蒸発する時にもともと肌にあった水分まで持っていってしまうのです。すると肌は乾燥を感じ、潤いを保とうとして過剰な皮脂を分泌するというメカニズム。オイリー肌の原因が、実は肌の乾燥だったなんてこともあるんですよ。

 

 

 

 

2.老廃物を流して!

 

30代になってから、目元がスッキリしなかったり、フェイスラインがもたついたりしていませんか。

 

この原因不明の顔面不具合、犯人は老廃物なのです。

 

顔は皮膚が薄いですから、皮下に溜まった老廃物が、そのままお顔のドンヨリムードとなって現れるのです。

 

30代は仕事や育児などで疲れを溜めやすい時期。溜まった老廃物は、意識して流し出すようにしましょう。放置すると定着してしまいますから、老廃物のドレナージュは30代の必修科目ですよ。

 

具体的な対策内容は、

 

●顔のツボ押し・マッサージ

 

●肩コリの解消

 

●バスタブでの入浴を習慣化する

 

●水分を1日最低1リットル摂る

 

●身体を冷やさない

 

などです。

 

1番目のマッサージに関しては、皮膚を擦ってしまうとシミや肌荒れ、たるみなどのの原因になりますから、滑りの良いジェル状や硬めのクリームなどを使用して正しく行うことが大切です。

 

また、顔だけ流しても老廃物は行き所がなく停滞してしまいます。肩や鎖骨周りもきちんとほぐすことを忘れずに。

 

4番目の水分については、むくみを心配して控える人がいますが、これは間違い。

 

老廃物がきちんと流れていくためには水分が充分に摂れていることが欠かせないのです。

 

 

 

 

3.リフトアップを意識して!

 

20代までは自分に関係無い話のようだった「下垂」。

 

ところが30代も半ばを過ぎれば、誰しもたるみの恐ろしさにゾッとする一瞬があるはず。

 

この現実から目を逸らしてはいけません。

 

立ち向かうのです。

 

具体的な対策内容は、

 

●リフトアップに特化した化粧品を使う

 

●美顔器に頼る

 

●姿勢を正す

 

などです。

 

2番目の美顔器に関しては、様々なタイプが発売されていて、何を選んで良いのか迷うかもしれませんね。そんな時は自分の性格をよく考えて、これなら続けられそうだと思うものにしてください。値段が高くて効果がありそうだとか、機能がたくさんついていて頼れそうとか、そんな理由で選び、結局面倒になって使わなくなるのでは意味がありません。

 

継続は力なりです。

 

また、3番目の姿勢についてですが、これが最近の女性顔面下垂につながっていることが多いのです。特にスマホやPCばかり使っていると、どうしても顔は下を向きますよね。

 

下を向けばおのずと顔の肉も下がるのです。

 

PCの下に雑誌を積むとか、スマホはまっすぐ前に持って使うなどして、日常のクセで顔を老けさせてしまわないように気をつけましょう。

 

 

 

 

【まとめ】

 

ホルモンバランスが変わったり、仕事が多忙になることや、結婚・出産を経るなど、30代女性のお肌は常にストレスフル。

 

そんなお肌にきちんと向き合い、正しいお手入れを重ねていけば、40代を迎える頃には年齢不詳の美しさが手に入りますよ。

【スキンケアのコスパ】30代の本音を集めました

そろそろ本気のスキンケアをと思う一方、コスパの良さも大事なポイントですよね。

 

30代女性たちは、どんなスキンケア商品を使い、どれだけの効果を上げているのでしょうか。ここでは30代女性たちのナマの声を集め、コスパ最強のスキンケアを探っていきます。

 

 

 

 

●谷川理恵さん(32歳)/会社員

 

ハトムギ化粧水とニベアの青缶だけで吹き出物が消えました!

 

今まで外資系ブランドの高いスキンケアコスメばっかり使ってきたんですけど、原因不明の肌荒れや吹き出物がおさまらなくなってきて、これは一度肌をリセットしようと思ったのがきっかけでスキンケアを見直しました。

 

以前Twitterで見て気になっていたハトムギ化粧水とニベアのタッグ。2つ合わせて1,000円くらいで揃うという価格の安さもトライしやすく感じて、思い立った日にすぐ近所のドラッグストアに直行しました。

 

今まで使ってた基礎化粧品は全部封印して、その日からハトムギ化粧水とニベアだけにしたのですが、2週間くらいでトラブルはすっかり落ち着いて、ツヤツヤした潤いのある素肌になれたんです。これをコスパ最強と言わずして何と言うでしょうか。本当に試して良かったと思ってます。

 

今ではこのペアに、エイジングケア用の美容液を一本追加しただけで使用継続中です。

 

 

 

 

 

 

 

●須藤真美さん(34歳)/会社員

 

なんといっても私のお気に入りは無印良品の敏感肌用高保湿タイプシリーズです!

 

無印のお店に行くのが不便なら、公式通販もあるので簡単に手に入りますよ。お値段もお手頃です。

 

無印には、さっぱり・しっとり・高保湿と3種類のラインがあるのですが、やはり30代に入ってからは高保湿が安心かなと。しかも敏感肌用は本当にお肌に優しくて、ウッカリするとかぶれたり赤みが出たりする私の肌でも、何のトラブルもなく続けられてます。ライン使いすればしっかり水分を保った肌が続いて、夕方メイクを落とした後でも顔が元気です。このシリーズは40代になっても使い続けると思います。

 

あれこれ使っちゃって訳がわからなくなっているお肌を、シンプルケアに戻してあげる時などにも安心して使えるオススメ基礎化粧品です。

 

 

 

 

●井上加奈子さん(37歳)/専業主婦

 

アテニアのドレスリフトが一番コスパ良いかなと思います。ローションはかなりとろみが強く、初めて手に取った時は一瞬驚きましたが、顔に伸ばすとスススーっと馴染んで浸透してしまい、肌が良いものをもらって喜んでる感じがしました。

 

ライン使いしていて、全てのアイテムを何回もリピートしてますが、少しほうれい線が薄くなった感じがしています。

 

私のお守りコスメです。お値段もエイジングケア化粧品としてはリーズナブルだと思います。

 

 

 

 

【まとめ】

 

皆さんそれぞれ、「マイベスト」をお持ちのようですね。ご紹介した口コミの中から、貴女が30代から先を共にする相棒が見つかるかもしれません。変化を恐れず、賢く美を追求していきましょう!

 

30代のスキンケアにクリームは必要?

いよいよ歩み始めた三十路。なんか20代までのノリじゃ、ファッションもメイクも落ち着かない。しかしそれより気になってくるのは、やはりスキンケアではないでしょうか。

 

今までの若さのオツリでは、そろそろやっていけなくなります。真面目にエイジングケアに取り組み始めるべき年齢でもあり、生活習慣そのものが、身体だけではなく顔にも現れるようになります。

 

ここでは30代になると急に気になり始める「クリーム」という存在について検証してみましょう。20代まではクリームを使っていなかったという女性も多いはず。

 

クリームについて正しく理解し、自分に必要なケアを賢く選択しましょう。

 

 

 

 

●そもそもクリームって何?

 

洗顔→化粧水→(美容液)→乳液→(クリーム)

 

というのが基本的なスキンケアのステップ。

 

本当にシンプルケアにする場合、美容液とクリームは省くことができますが、クリームは保湿力や栄養分などを補充してあげる役割があるのです。化粧水で与えた水分と美容液の有効成分を乳液で閉じ込めたら、クリームで栄養と保湿力をプラス。各社からたくさんのクリームが発売されていますが、そのほとんどはスキンケアステップの最後に使うものです。

 

 

 

 

●クリームを使うべき肌って?

 

乾燥肌の改善と、年齢肌のケアに最適です。

 

30代になっても肌の水分・油分バランスが崩れていない人は使わなくて良いでしょう。

 

しかしバランスが崩れて初期老化サインが気になり始めているようなら、クリームで潤いと栄養を補ってあげるとお肌が元気になりますよ。

 

拡大鏡でしっかり自分の顔と向き合ったり、プロに見てもらうなどして現在の肌の状態を正しく把握しましょう。

 

 

 

 

●30代にオススメのクリームは?

 

今や星の数ほど出回っているクリーム。いきなりお店に行っても何を買っていいかわかりませんよね。30代のお肌に合うクリームはどんなものなのでしょうか。ここで30代に人気のクリームをご紹介しましょう。

 

 

 

 

1.アヤナス クリーム コンセントレート

 

まずはポーラ・オルビスグループの乾燥・敏感肌専用ブランド「ディセンシア」から出ている保湿クリーム。低刺激なので、化粧品に負けやすいお肌でも安心してトライできますよ。乾燥による小ジワくらいならすぐに目立たなくしてくれます。30代の今だからこそ、早めの対策で若い肌をキープしましょう。

 

 

 

 

2.ヒフミドエッセンスクリーム

 

小林製薬から発売されているヒフミドシリーズのクリームです。保湿力の高いセラミドを配合していて、ハリ不足と小ジワ対策には心強いパートナーとなってくれます。

 

実力派製薬会社の自信作であり、敏感肌にも安心の逸品ですよ。

 

 

 

 

3.エトヴォス モイスチャライジングクリーム

 

パッケージの美しさでも定評のあるエトヴォスからは、セラミドに加えてヒアルロン酸も配合された優秀クリームが発売されています。敏感肌でも使用できるよう、刺激となるシリコン、パラベン、鉱物油、合成香料、着色料、界面活性剤はすべて不使用。

 

乾燥による敏感肌になってしまった悩める30代にはうってつけのクリームです。

 

 

 

 

●まとめ

 

30代女性とクリームの関係についてお話ししてきましたが、あくまでもお肌は人によって千差万別。現在のご自分のお肌がどんな状態なのかを正しく把握することから始めてくださいね。

たるみを撃退!30代から始める老け顔サヨナラスキンケア5選

ある日突然気付く、自分の顔の劣化。

 

目を背けたいけど、ウソだと思いたいけど、明日には治ると思いたいけど、、、ダメなんですよね。その劣化は現実なんです。

 

そしてその劣化の正体の1つとして「たるみ」は重大な問題。

 

ここでは憎き「たるみ」にフォーカスして、その解決策をおさらいしましょう。

 

 

 

 

1.何はさておき水分補給

 

年齢とともに肌のバリア機能は低下の一途。

 

そのため、大切な水分が逃げやすくなっていき、年齢を感じる肌になってしまうのです。

 

そして水分を失った肌はハリを失うこととなり、たるみを引き起こします。

 

水分不足は他の年齢サインも引き寄せてしまう怖い現象ですから、30代になったらとにかく肌に水分補給することを心掛けて。

 

 

 

 

2.紫外線対策は万全に

 

公私ともに多忙になる人が多い30代。ちょっとの間だからとか、時間が無いからという理由で、日焼け止めを塗らずに日中戸外に出ることは絶対にやめましょう。

 

肌に浴びた紫外線は蓄積され、想像以上に強いダメージを与えます。そしてこのダメージの結果の1つとして、たるみが現れます。

 

紫外線と聞くとシミソバカスの原因と思われがちですが、水分不足と同様、紫外線も多くの老化現象を招く源なのです。

 

 

 

 

3.美顔器を取り入れよう

 

顔に塗る基礎化粧品だけではなく、そろそろ美顔器の力も借りましょう。リフトアップを意識した商品はたくさん出ていますから、シンプルで使いやすく、自分の性格や自宅のスペースなどに合ったものを選びましょう。

 

選ぶ際のポイントは、「これなら続けられる」と思えるものを考え抜くことです。買って終わりでは意味がありませんからね。

 

 

 

 

4.レチノールとスクラブを

 

たるみもシワも、大きな原因の1つはコラーゲンの不足。ビタミンAの一種である「レチノール」という成分がキモで、これは真皮のコラーゲンを強くしてくれる成分です。是非レチノール配合の美容液を使いましょう。

 

また、ターンオーバーの遅れを正常化するために、週一回ほど刺激の少ないスクラブで角質を落としてあげることも大切なケアです。

 

このケアを続ければ、お肌がふっくら感を取り戻しますよ。

 

 

 

 

5.クリームたちを使ってあげて

 

化粧水、乳液、美容液だけで終わらせず、最後にクリームを塗る習慣をつけましょう。

 

目元のたるみが特に気になる場合は、目元専用クリームを先に塗ること。なお、目元専用クリームは、口元にも使える場合がほとんど。目元に匹敵するほど年齢サインが出やすいのが口元ですから、目元に塗るついでに口元にも塗ってあげましょう。

 

 

 

 

一度重力に負けてしまうと、取り戻すのはたいへん。30代のお肌はまだまだ初期老化の入り口ですから、ここで正しいケアを身につけておけば大丈夫。明るい40代を目指してワンステップ踏み出しましょう。

30代のスキンケアにオーガニックが効く訳は?

お肌の曲がり角を迎えた30代、今まで普通に使ってきた基礎化粧品では物足りなくなったり、ひどい場合は肌質が変わってしまって合わなくなったりすることがあります。

 

急に今までの化粧品が使えなくなると困りますよね。一体何を選べば良いのか、これからの人生を共に過ごすスキンケアパートナーを大至急探さなくてはなりません。

 

そんな時、1つの指標にして頂きたいのが「オーガニック」という選択肢。

 

まあ昨今、化粧品に限らずよく聞く言葉ですよね。

 

でもあらためて考えてみると、オーガニックの何が良いのか説明できる人は意外と少ないものです。

 

ここでは耳慣れているけど見逃していたオーガニックのチカラを再確認してみてくださいね。

 

 

 

 

●オーガニックって?

 

「オーガニック」とは、農薬や化学物質を使わずに植物などを育てる方法またはその商品のことです。

 

化粧品に関して言えば、その原料となるハーブ類が無農薬・無化学肥料農法で栽培されたという意味です。

 

しかし日本においてはオーガニックコスメの基準が曖昧なのが現実で、ほぼ100%オーガニック原料のものもあれば、ほんの数%しかオーガニック原料を使っていない商品でもオーガニックを謳うものまで混在しています。

 

選ぶ際には注意深く成分を確認する必要があります。

 

 

 

 

●なぜオーガニックが良いのか

 

それではなぜオーガニックコスメが30代で不安定になったお肌にお薦めなのか。

 

それはシンプルに、刺激になりやすい化学物質を含まないからという理由です。

 

天然素材そのものの持つ効果効能により、肌本来の治癒力を高めることができるわけです。

 

ホルモンバランスが変わったり、生活リズムや環境ストレスで不安定になったお肌にも、安心して使えるのがオーガニックコスメなのです。

 

 

 

 

●オーガニックコスメを選ぶときに気をつけること

 

初めに述べたように、オーガニック素材を何%使用しているのか、成分をきちんと把握して選ぶことが大切です。

 

またアレルギーをお持ちの方は、アレルゲンになる成分が含まれていないことを確認しておきましょう。

 

 

 

 

●30代にオススメのオーガニックコスメは?

 

世の中に出回るオーガニックコスメの種類は、今や星の数ほど。イチから選ぶのはなかなか大変な作業ですよね。ここでは30代にオススメのオーガニックコスメを3つに絞ってご紹介していきます。

 

 

 

 

1.HANAオーガニック

 

肌の保湿力を優しく上げてくれる人気商品。@cosmeでも人気を博す実力派。

 

 

 

 

2.沖縄オーガニックコスメ琉白

 

沖縄から届いた海洋深層水がお肌を強くしてくれます。敏感肌を鍛えてくれる心強いラインナップ。

 

 

 

 

3.VALANROSE

 

オールインワン生美容液。浸透しやすさが素晴らしく、名前の通りバラのエキスが一日中お肌の潤いを保ってくれます。

 

 

 

 

30代に入ってからお肌が傾いて困っている貴女、症状をこじらせてしまう前に、一度オーガニックのチカラを試されてみてはいかがでしょうか。

 

【30代必見】スキンケアで美白を叶える方法

紫外線が強くなる季節がやってくると、いつも以上に気になってくるのが美白ですよね。さらに年齢が30代以上となってくれば、もう美白ケアに時間の猶予はありません。

 

「一応日焼け止めは塗っているけど…」というだけではお肌のコンディションを保てなくなっていきます。

 

美白を叶える正しいスキンケアをおさらいしておきましょう。

 

 

 

 

●美白化粧品の取り入れ方

 

まずは基礎化粧品を選ぶところから美白は始まります。でも気合を入れて全てのラインナップを総取り替えするとなるとお金もかかるし非現実的ですよね。

 

大丈夫です。今使っている基礎化粧品に、美白アイテムを足してあげるだけできちんと美白ケアになりますから、手持ちのアイテムを無駄にしてしまうことはありません。

 

例えば化粧水だけ、美容液だけ、など美白効果のあるアイテムを一点投入するだけでも美白ケアになりますよ。

 

 

 

 

●お手入れの仕方

 

お顔の肌をコットンで擦ったり、シャワーを直接当てたりすると、刺激となってシミの原因となります。化粧品はたっぷりと手にとってから、手の温度でじんわりと浸透させるイメージで成分を入込みましょう。

 

洗顔の際にシャワーを直接顔に当てるのもやめましょう。

 

 

 

 

●美白成分について

 

美白に効果的なお薦めの成分を整理しておきましょう。

 

1.アルブチン

 

2.トラネキサム酸

 

3.プラセンタエキス

 

4.ビタミンC誘導体

 

5.ハイドロキノン

 

以上5つが化粧品から取り入れやすい代表的な成分です。

 

 

 

 

●ハイドロキノンについて

 

美白成分として名高いハイドロキノンですが、これを含む化粧品は夜だけ使うようにしましょう。

 

ハイドロキノンをつけた状態の肌が紫外線を浴びてしまうとシミを濃くする原因となりますので注意が必要です。

 

また、他の有効成分に比べて美白効果が非常に高いのが利点ですが、一方やや刺激が強いため敏感肌や乾燥肌の方は使用を控えたほうが安心です。

 

 

 

 

●美白有効成分の併用について

 

美白有効成分のひとつひとつは国に認可されており、その効果を保証されています。

 

しかし複数の美白有効成分を併用した際の安全性についてはまだ確認されていないのが現状です。

 

高濃度の美白有効成分を併用することはなるべく避け、食品やサプリメントなどから複数の有効成分を摂取するほうが安全です。

 

 

 

 

●まとめ

 

待った無しの美白スキンケア。でも意外と手軽に始められるものですし、あまり気負わずに手をつけられるところから始めてみると、だんだん道が拓けてくるものです。

 

百貨店まで足を運ぶのが億劫だったり時間が無ければ、近所のドラッグストアや通販から美白コスメ選びを始めてみても良いのです。

 

・有効成分をダブらせない

 

・コットンやシャワーの刺激に気をつける

 

・ハイドロキノンは夜使う

 

この3点をおさえて、透明感あふれる美肌への近道を歩み出しましょう。

30代から始める男のスキンケア

スキンケアというと、未だに女性のものというイメージがあるようですが、もうその考え方は過去のものとなりつつあります。

 

20代くらいまではなんとかなっても、30代に入ると男性にもスキンケアは必要になってくるのです。

 

 

 

 

●なぜ男性にスキンケア?

 

お化粧しない男性は、日焼け止めを塗っていない限り素顔のまま紫外線を浴びているので、お化粧をする女性よりはるかに多くのダメージを肌に蓄積しているのです。

 

また、多くの男性が髭剃りを日課としており、カミソリによる肌へのダメージも深刻です。

 

これらのダメージを放置すれば、肌はどんどん衰えて、老けて疲れた印象を与えてしまうことでしょう。

 

このような印象では、ビジネスにおいても恋愛においても不利になります。

 

できる男はスキンケアを始めているのです。

 

とはいえ、今までスキンケアなどには無頓着だった男性が、30代に入ったからといって急にスキンケアをしろと言われても困ってしまいますよね。

 

ここでは具体的に、オトナの男性に必要なスキンケアがどのようなものなのか、紐解いていきたいと思います。

 

 

 

 

●男のスキンケアって何するの?

 

1.洗顔

 

まずは清潔に。皮膚の汚れと余分な皮脂を洗い流します。

 

洗顔料をよく泡だて、その泡で顔を包むようにして洗います。

 

洗顔料が顔に残らないようによくすすぐことも忘れずに。

 

皮膚を清潔に保つことは、見た目の問題だけでなく、皮膚疾患の原因を取り除く大切な作業です。

 

 

 

 

2.保湿

 

髭剃りの後は化粧水で肌に水分を与えます。

 

充分に保湿された肌はバランスが整い、過剰な皮脂の分泌もおさまるため、ギトギトして暑苦しい印象だった方は改善されます。

 

爽やかな印象に変われば、男女問わず親しみやすく感じられるものですよ。

 

 

 

 

3.栄養

 

化粧水の後は美容液で栄養を補います。

 

化粧水→美容液で髭剃りのダメージを克服する2ステップになると覚えておきましょう。

 

髭剃りが肌に与えるダメージは想像以上に深刻なものなのです。

 

 

 

 

4.乳液またはクリーム

 

上記3までに使用したアイテムを肌に閉じ込めるために乳液またはクリームでフタをします。これをしないとせっかくの水分や有効成分が揮発したり蒸発するなどして逆効果。

 

また乳液やクリームで肌を保護すれば、肌にとって有害な紫外線の影響を和らげることもできます。

 

 

 

 

●まとめ

 

パートナーの男性がスキンケアに無頓着だなと感じたら、女性からアドバイスしてあげるのも良いアプローチです。

 

お誕生日やクリスマスなどのギフトに、スタイリッシュなメンズスキンケアセットなどを贈るのも良いのでは。

 

面倒くさがり屋の彼でも、うまくテンションが上がれば取り組んでくれるかもしれませんよ。

 

最近は百貨店のコスメカウンターなどにも、メンズ向けの商品がきちんとラインナップされています。

 

男性も恥ずかしがる必要など無く、身だしなみを整えるための当然の行為として、きちんとスキンケアに取り組めると良いですね。